腰痛対策のための座り方とは、一言で言うならば、良い姿勢を保った座り方をするということになります。 腰痛の原因の多くは日常の姿勢にあると言われていますから、良い姿勢を保つことがとても重要なのです。 これ以上腰痛を悪化させないためにも、腰痛を改善するためにも、良い姿勢を心がけるようにしましょう。 まず、椅子に座る時には、深く腰掛けて常に背筋を伸ばします。 そして、座りっぱなしも良くないので、できれば1時間おきに立ち上がって、軽いストレッチを行うようにしてください。 また、体の歪みも腰痛の原因となりますから、体に歪みを生じさせない座り方をすることも大切です。 足を組んで座ったり、座敷に座る時に横座りをしたりするのは、体を歪めてしまう原因となりますので、止めるようにします。 デスクワークをする際も、机や椅子の高さ調整ができる場合は、自分の体に合わせた状態にしましょう。 無理なく良い姿勢を保つためには、机や椅子を自分の体に合わせる必要があります。 例えば、パソコンのキーボードは、肘を直角に曲げた位置(高さ)にくるのが理想ですから、そうなるように椅子の高さを調整してください。 もし、足が床に付けられない場合には、足置き台などを使うと、良い姿勢が保てるでしょう。